2005年12月25日

東南アジアの旅

しばらくブログにまったく手つけずで・・
つくづく飽き性かも、わたし。
先日までしばらく、タイ・カンボジア・ラオスに行っていました。
帰国したらこの寒波!
12月という時期からは考えられない白い世界に驚愕しました。
雪のせいで帰国がすこし遅れたり、
明らかな夏着のわたし、人々から浮きまくったり。
それにしても、めちゃくちゃ楽しかったです。
以前一度バンコクには訪れたことがあったんだけど、
いやはや東南アジア、旅のしやすい地域です。
旅というより、むしろバカンス。
凍えそうな滋賀から、とおい南国に恋焦がれています。
あのゆるい、ぬるい空気が恋しいです。
posted by season at 16:41| Comment(24) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月25日

ヤップ島旅日記・4

9月20日
タロイモ。それはバナナよりもココナツよりも、わたしにとってずっと異国を感じさせてくれる響きだった。南の島の主なる食べ物であるタロイモ。出発前から、実はタロイモとの出会いを一番楽しみにしていたのかもしれない。滞在していたお家にももちろんタロ畑があって、お母さんは毎日そこへ働きに行っているんだそう。タロイモがどんなものなのか、どんな作業をするのか見てみたくて、わたしはお母さんの仕事にくっついていくことにした。
ジャングルの中、沼地のようなところにお母さんのタロイモは育っていた。お母さんはナタを持って、ジャングルの奥へ入っていく。倒れた木や生い茂った草を、ナタですぱすぱと鮮やかに切り払いはがら、奥へ。

taro.jpg

続きを読む
posted by season at 11:59| Comment(1) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月21日

秋の京都

富山からやって来た友だちと、紅葉を見た。
いや、実は紅葉を見るつもりでなく、滋賀の湖西の方へ遊びにいくつもりだったのだけど、
道を間違えたり、渋滞に巻き込まれたりしているうちに日が暮れてしまったのだ。
それで、夜でもできる遊びといえば、紅葉のライトアップ。
そんなわけで高台寺へ行ってきた。

nanzenji.jpg

なぜか迷い込んだ南禅寺。
日が暮れはじめ不安が胸をもたげる、
そんな折に道端の紅葉を見て、急きょ予定変更となったわけだ。
秋の京都の日曜日。観光客がたくさん。

koyo2.jpg

koyo3.jpg

渋滞で道が進まず進まず、ようやく到着した高台寺。
京都で紅葉を見るなんていつぶりだろう。
闇にぱあっと紅が浮かんで艶やか。

gyoretu.jpg

境内も人、人、人。
木々の姿はとても美しいし、情緒があってすてきだけれど、
やっぱりこの人ごみには辟易してしまう。

ike.jpg

池にまるで鏡のように移りこむもみじ。
まだ色づきが浅いようで、みどりや黄色の葉っぱが目立つ。

take.jpg

清清しい竹。暗闇にぼうっと浮かび上がるその姿は、まさに幽玄。
かぐや姫のお話が現実のもののように思えてくる。

友だちと分け合ったみたらしだんごをほおばりながら、思ったこと。
秋の京都はやっぱりすてき。
久々に会えた遠くの友だち。たのしかった。
posted by season at 14:31| Comment(0) | TrackBack(0) | しぜん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ヤップ島旅日記・3

9月19日
せっかく南の島に来たんだから、何が何でも青い海に行きたかった。お家の前に広がる水辺は、海につながる湾になっているのだけれど、とても美しいとは言えなくて、はやくはやく、青い海を見てみたかった。昔はここもきれいだったんだという話を聞いた。戦時中、どこかの軍隊がこの入り江をぐるっとまわるのが面倒だからと、橋をとりつけたんだそう。それで水の流れが悪くなり、こんな風に水は汚れてしまった。きっと人間の「面倒」を克服するために、自然はすこしずつ、汚されてきたんだろう。
そんな入り江からボートを出す。わたし、母、親戚のおじさん、お家の息子さんと娘さん、助手の漁師さんの6人で、いざ出発だ。お父さんが笑顔で手をふりながら、「サメを見つけたらすぐにボートにあがるんだよ」。サメ!そういえば、やっぱりいるんだよな。お父さんの体にはサメに襲われたときの深い傷がある。わたしになんて到底想像の及びようのない生活がある。世界各地に、いっぱいある。ほんのすこしのぞき見をさせてもらうことで、なんだか自分自身の生活に、彩りが加えられていくような気がするのだ。
サメか。未知の生き物に対して、恐怖とも興味とも言いようのない気持ちがむくむく膨らんで(たぶんほとんど恐怖)、サメのことで頭がいっぱいになりそうになったけれど、わたしを迎えてくれたのは、そんなことは許してくれないような荒れた海。サメ以外にも、海にはこわいものがあったのだ。勝手な想像で、南の海はみどり色で穏やかなものと思い込んでいた。人の背丈ほどもありそうな波に乗っかって、急降下。ざっぱーん、と塩っからい波が全身に降ってきて、ぎゃーぎゃー悲鳴をあげるわたしをみんな、笑っている。少し慣れて、波がおもしろくなってきたころ、(残念ながら)荒れ地を過ぎて、海は穏やかな表情を取り戻した。

micro.jpg

続きを読む
posted by season at 13:36| Comment(0) | TrackBack(1) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月14日

スマイルクッキー

一緒に美大受験に励んだ友だちが来春、結婚することになった。
なんだかびっくり。けれど友だちのしあわせは、とってもうれしい。
満面の笑みの友だちを見ていると、こころがほんわかあったかくなった。
ずっと笑顔で、だんなさまと仲良く、しあわせに暮らしてね。

smile.jpg

おめでとう。にこにこ、クッキー。
posted by season at 13:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

秋の散歩道

秋の山道って、いろんなものが落っこちてたり、道ばたから顔をのぞかせていたりで、
散歩の途中、ついつい歩みを止めてしまうことしばし。

aki 001.jpg

こどものころ、よく遊んだぶどう。実をつぶすとむらさき色に手が染まる。

aki 002.jpg

赤く色づいた葉っぱやどんぐり、栗のいが。わいわいにぎやか、秋のひとこま。

aki 004.jpg

くっつきむし。いっぱい拾って、さあ遊ぶぞー

aki 003.jpg

つたの絡まった木。つたを使って、リースづくり。

散歩を忘れて、時間も忘れて、童心に戻れる、秋の散歩道。
posted by season at 12:48| Comment(10) | TrackBack(0) | しぜん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

最近、やたらと菊に幽玄さを感じている。
あんなに地味だと思っていたのに、菊は決して地味なわけではないことに気付いたのだ。気品に満ちた艶やかさ。じっと見つめていると、さらに飛躍して、宇宙や、とまで思ってしまう。
菊は育てるのにとっても手間がかかる。うちのじいちゃんが丹精した菊。

kiku2.jpg

kiku.jpg

kiku4.jpg
posted by season at 12:32| Comment(0) | TrackBack(0) | しぜん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

焼き芋

かきねの かきねの まがりかど たき火だ たき火だ 落ち葉たき
「あたろうか」 「あたろうよ」 北風ぴいぷう 吹いている

秋の風物詩、焼き芋。これをやらなきゃ冬を迎えられない、っておおげさでなく、それくらい大好きな焼き芋。冷たく乾いた空気の中、ぱちぱちと音をたてる焚き火にあたるしあわせ。そんな中からおいしいおいしいお芋さんが出てくるしあわせ!
よく晴れた秋の日、仲のいい友だちとふたり、焼き芋をした。田んぼのすみっこの焚き火のそばで、ゆるいねえ、なんて口々につぶやきながら、ほこほこのお芋さんを食べた。焚き火からたゆたう煙が、風にのってすうっとどこかへ消えていく。あまくてあたたかい、秋の味がした。

imo1.jpg

imo2.jpg

imo3.jpg

続きを読む
posted by season at 11:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月28日

給食のはなし

小学校で、ごくたまーに給食をいただくことがある。つくづく、ごはんと牛乳という、あの魔の組み合わせに驚愕する。幼心に、なんでお茶じゃないねん、合わへんわ、なんて感じていたけれど、大人になった今、改めて食してみて、あまりのひどさに泣きたくなった。あれって味覚形成にぜったいよくないはず。こどもたちの手前、何でももりもり食べなくちゃいけないので、表面上は笑顔で牛乳を飲んでいるわけだけど。
先日、驚くべきことを知った。わたしがこどもだったころ、給食を残すことは断じて許されなかった。いくら嫌いなものでも、食べるのがおそくても、ぜったいに先生は残させてくれなかったし、はやく全部食べなさい、と怒られもした。みんなが昼休みに遊びに出て行く中、ひどいときはその後の掃除の時間まで、半べそをかきながらお箸を口に運んだものだ。それでもどうしても食べられなかったときにだけ、5時間目の始まる前に残飯として給食室へ運ぶことが許されたのだ。「ごめんなさい」の言葉とともに。
ところが今は、食べられないものは残してもいいことになっているらしい(他の学校の事情はわからないけれど)。昼休みのチャイムが鳴ったら、食べ終わった子も、お皿にまだいっぱい残っている子も、同時に食器を返却する。
それを聞いて本当にびっくりした。そんなんでいいの!?と言いたくなった。誰かが育てて、給食のおばちゃんが一生懸命つくってくれた給食。好き嫌いの多かったわたしは、掃除の時間、いつもひとり教室のすみっこで、ほこりの舞い散る中をじっと机の上の大嫌いなメニューに向かいあっているのが苦痛だったけれど、ある意味仕方ないよな、と思っていた。だって残したらおばちゃんに悪いもん。なんとなく、それはわかっていたから。無理やりに食べさせることで好き嫌いが直るとは思わない。むしろ余計にひどくなることだってあるかもしれない。みんなそれぞれ胃袋の大きさもちがうだろう。けれど、それでも、そんなに簡単に食べ物を捨てさせる方針が、他でもない学校でとられていることに、ただただ驚いた。なんだかかなしくなってしまった。学校は、給食の場は、食べ物を大切にすることをまず一番に教えるべきだと思うんだけど、違うんだろうか。食育、か。
posted by season at 12:13| Comment(0) | TrackBack(1) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月26日

ひんやり

朝晩の冷え込みが体にこたえる。ぶるぶる震えて布団にくるまって、なかなか寝付けない、起き出せない。華やかに風にそよいでいたコスモスも少しずつ色あせて、次は山々が色づきはじめるころ。年をとるごとに寒いのは苦手になってきたけれど、毛糸ものを身につけられる季節がやって来たことが、嬉しくってたまらない。なぜって、なぜって、マフラーとか手袋とかセーターとか、ニット全般がとにかく大好きなのだ。冷たい空気の中、ほんわかあたたかな毛糸に顔や手をうずめる感触。まさに至福なり。

kos.jpg

コスモスって、和名がすてき。秋桜。

posted by season at 12:47| Comment(0) | TrackBack(1) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。