2005年03月31日

青いじゅうたん

オオイヌノフグリ。春に咲く、ちいさなちいさな青い花。
昔からこの花がだいすきで、色か、その小ささか、そこに降り注ぐ光か、うーん、きっとすべてがすきなんだろう。
こどものころ、オオイヌノフグリが一面に咲く原っぱを見て、ともだちと「青いじゅうたん」と命名した。その表現ずばり。やわらかな青が広がって、あれから何年たとうとも、春が訪れるたび、わたしにちいさな幸せをもたらしてくれるのだ。こどものころのように、もう一度、あのしあわせのじゅうたんの上に寝そべってみたいなぁ。

fuguri.jpg
posted by season at 23:20| Comment(0) | TrackBack(1) | しぜん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

つんつくつくし

散歩をしていたら、田んぼの畦にたくさんのつくし!
昔は、もっといろんなところに生えていたけれど、こんな田舎町でも、最近はあまり見かけなくなった気がする。
わたしの目線が高くなってしまったんだろうか。生える場所がなくなってしまったんだろうか。
たぶん、両方なんだと思う。

tsukushi.jpg

やさしくて強い、春の顔
posted by season at 22:48| Comment(0) | TrackBack(0) | しぜん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月29日

牛肉BSE全頭検査緩和

28日、内閣府の食品安全委員会が、BSEの全頭検査緩和を容認した。
これまで行われていた国内牛の全頭検査で、20カ月以下の牛を除くことがほぼ確定したようだ。
これを受けて、アメリカから汚染されているかもしれない牛肉の輸入再開?
あのオレンジ色の牛丼屋で、あの牛丼がそんなに食べたい?
アメリカの圧力に屈して、全国民を危険にさらすなんて考えられない!
リスクは未知数。
posted by season at 21:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

愛・地球博【まとめ】

だらだらと、感想なんだか何なんだかよくわからないものを書き連ねてしまったけれど、万博、お祭として楽しむ分にはいいんでないかと思う。
批判はたくさんあるようだ。けれど、ふだんなかなか見ることのできない世界の国々の一面を覗くことができるのは楽しいし、意義はあると思う。
ただ、「自然の叡智」というテーマをどこまで体現できているのかというと、それは残念ながら…
昨今のエコブームにのっかっちゃえ、的な感は否めなかった。
もっと根本的なことを考えたら、こんな風にはしないはずなのにな、というようなことは山盛りあったし。

世界に向けて、はずかしくない日本でありたいものだ。
宇宙に向けて、はずかしくない世界でありたいものだ。

「自然の叡智」というテーマによって、多くの人たちが地球環境に興味を持ってくれることを祈るばかり。

あ、もひとつ。
サツキとメイの家が予約一杯で大人気なんだそう。
ノスタルジー?日本人の本能が呼び寄せるのかな?古き良き日本?
ならば、ばんばん変てこな新興住宅つくってないで、日本の民家を守ってよ。
posted by season at 21:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 行事ごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月28日

愛・地球博【パビリオン編】

もっと混雑を予想していた。意外に空いていた。とは言っても、やはり人気パビリオンは満タンで、マンモス見れず。あと、トヨタをはじめ企業パビリオンもどこもいっぱいだったよう。
そんなわけで、まわったのはグローバルコモンばかりになってしまった。もともと各国パビリオンを楽しみにしていたから、構わないのだけれど。世界の国の文化を理解するのに、これけっこう役立つんじゃないかと思う。

expo 012.jpg

イラン
イランに限らず伝統工芸を実演しているところは多かった。
「グローバル」の波にのまれず、ずっと大切に守り続けてほしいものたち。

expo 075.jpg

スペイン
このカラフルな蜂の巣、アンダルシア地方の伝統的な建築様式だそう。

expo 098.jpg

モロッコ
ここはモロッコなのか?居眠りをする店番のおじさん。
中近東の国々って、一般にはどうもキナ臭いイメージらしい。
なかなかふれ合う機会がないゆえ、万博という機会にそのイメージがすこしでも良くなればいいなと思っていた。実際はやさしい人ばかりなんだもの。過激イスラム派のイメージばかりに踊らされないで。期待どおり、彼らはみんなニッコリ微笑みかけてくれた。同行していた母親も、「モロッコっていいな」なんて言っていたりして、効果抜群!
相互理解を深める効果もあるのだ。知らない国のパビリオンに是非足をはこんでみよう。イメージ180度かわるかも。

続きを読む
posted by season at 12:45| Comment(0) | TrackBack(1) | 行事ごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

愛・地球博【総合編】

26日土曜、開幕2日目の愛知万博へ行ってきた。
テーマは「自然の叡智」、これまで先へ前へ突き進むことばかりを考え、またそれがよしとされてきた世の中だったけれど、ここに来て、すこし立ち止まろうよという潮流はいいものだと思う。もちろん、「?」な点はたくさんあったのだが。

ペットボトル、缶、びん、水筒、お弁当箱は持ち込み禁止。テロ対策のため、仕方ないのだろうか。でも、場内に自動販売機やコンビニがあったりするのは、それで環境に考慮してるつもり?とつっこみたくなる。
会場内で使用されている使い捨て食器類は、植物製の生分解プラスチックで出来ているそう。生ごみと一緒に、堆肥に生まれ変わるそうだ。でも、わたしはやっぱりいくら分解するからと言っても、ポイポイごみを捨てるのには気がひける。簡単にモノを捨てないこと、こういう単純なことをこそ、こういう場で提唱してほしい。分解性プラスチックだって、それをつくるのに膨大なエネルギーが消費されているはずだし。マイ箸、マイコップ持込(中身は空なのでもちろん安全!)が義務づけられた万博なんて素敵…じゃない?

便利さとエコロジーの折り合いを付けるのは、本当に難しい。

expo 047.jpg

かつてこの会場は山だった。「自然の叡智」の万博のために破壊されてしまった。
もう元にはもどらない。人間による創造とは、すべてが破壊なのだ。

expo 130.jpg

ロボットなお姉さんがいらっしゃい。リアルさにぶったまげ…
「自然の叡智」なんて言っても、結局は各社各国の「スバラシイ」技術力のお披露目会となっている印象は否めない。進歩こそが理想であるかのような。
この高度な技術を、自然エネルギーの開発にもっと役立てられないのだろうか。

続きを読む
posted by season at 12:26| Comment(0) | TrackBack(2) | 行事ごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月27日

満月と木星

ゆうべの空に輝いていたのは満月と、そのすぐ隣に木星。
うっとりながめて寒風が身にしみた。ぶる。
月と木星が大接近する、めずらしい現象だったそうな。
でっかいまんまるお月さま。ちいさな木星。
実際の大きさとしては、はるかに木星の方が大きいわけだけど、ここ地球から観測できる大きさは、月の方がずっとずっと大きくて、木星っていったいどんなところにあるんだろうと頭がくらくら。

posted by season at 13:43| Comment(0) | TrackBack(0) | しぜん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月25日

寒すぎて

思わずこんな写真をはりつけてやる。
厳冬期、滋賀−福井の県境にて。
うつくしい。自然の造形美。人間にこんなものがつくれるか?否。
今日もまた雪が舞っとったね。ふわふわり。

icetree.jpg

posted by season at 21:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月24日

カレンデュラオイル

ぱっと見、マーマレードのようでもあり、はちみつのようでもあり。
でもこれはカレンデュラ(マリーゴールド)のインフューズドオイル。花びらをオイルに漬け込んで、成分を浸出させるのだ。花びらのオイルなんて、素敵だあ。本当は1ヶ月くらいでいいらしいんだけど、すっかり存在を忘れさっていて、もう半年はたったような…
きれいな橙色に染まったオイルがとてもきれい。ひだまり色だ。くんくんと嗅ぐと、すこし草っぽいにおい。自然のかおりって、どうしてこうも落ち着くんだろう。量はほんのちょっぴり。リップクリームでもつくろうかな!
カレンデュラには湿疹や肌荒れを治める効果あり。
今度は食用の大きなグレープシードオイルを買ってきて、たんまりしこんでやろ。

calendula.jpg


posted by season at 17:13| Comment(0) | TrackBack(0) | てづくり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

読んだ本を

本を読んだら、感想や簡単な概要なんかをここに記していこうと思う。
ジャンルは、たぶん環境問題や食関係、農、スピリチュアルなもの、のようなかんじかな。あとはおもしろかった小説など。いい本を読んでも、内容をすっかり忘れてしまったり、アレが書いてあったのは何の本だっけ…というのはしょっちゅう。お金に余裕がないので、本はもっぱら図書館ばかり。手元に置いておけるのならば問題はさほどないけれど、忘れたくないことがたくさんあるので、ここで紹介がてらメモ、メモ。一時期はノートに感想を書いたりしていたけれど、ものぐさなわたし、続くわけなし。ブログでなら、なんとか?
posted by season at 12:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 読んだ本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

悪魔の鍋―「食」のグローバル化が世界を脅かす

悪魔の鍋―「食」のグローバル化が世界を脅かす
ハンス・ウルリッヒ グリム著

global.JPG

わたしたちが日ごろ口にしている食べ物ってなんなんだろう。自然とあまりにもかけはなれた現代の食品産業。この恩恵を受けて、天災や気候による飢餓を長年免れてきたことは否定しようのない事実だけれど、この負の要因によって、わたしたちはまた新たな危機に直面しているのだ。予測のつかない、もしかすると想像以上にでっかい危機に。
食は、わたしたちの命をつなぐもの。体や心をつくるもの。メーカーの宣伝に踊らされず、安さばかりにごまかされず、本当の食をたのしむ姿勢を大切にしたい。
タイトルがとっても強烈で、中身もなるほどの強烈さ。まさに悪魔の鍋…
posted by season at 12:07| Comment(0) | TrackBack(1) | 読んだ本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月23日

そろそろ開農期

先週末は、家族みんなで苗箱に土入れ作業。わたしは用事があったので、手伝わず、ゴメンナサイ。我が家はいわゆる兼業農家。昔に比べると半減したけれど、田んぼもそこそこやっている。もう少し暖かくなると、籾まき。あー、春がきたんだな、と実感する。よその田んぼにもちらほらとひと気が。

実家とは別に、昨年は個人的に米づくりをした。小さな田んぼ。農薬・肥料は一切やらない、自然農だ。結果は豊作!よいしょ、よいしょと一束づつ手で植えていったあの小さな苗が、黄金色にかがやいて、わたしたちにたわわな実りを与えてくれた、あの感動&喜びといったら!
今年ももちろんやるぞ。でも、今年は実家の田んぼや畑もしっかり手伝おうと思っている。毎年、ろくに手伝いもせず、昨年にいたっては、家の田んぼ放ったらかしで、よその田んぼに夢中、だもんな。よくない。じいちゃんやばあちゃんと同じ汗を流す、素敵なこと!

2004ine.jpg

2004年の稲刈りの図。天日乾燥。all 手植え、手刈り。
ハードワーク but ピースフル!
posted by season at 21:46| Comment(0) | TrackBack(1) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

またまた寒の戻り?

しばらく暖かかったのに、なんでこうも寒いんだよ。週間予報を見てみると、金曜なんて雪マーク!まだ降るの!?雪好きなわたしだけれど、春は春らしく、はやく暖かく落ち着いてほしいのだ。なんとしもやけも再発。たまらないカユさ。でもまあ、春の天気はうつろいやすいしね。
ところで今週末の土曜日は、開幕早々の愛知万博へ行く予定。すこしは晴れてくれるといいんだけどな。
posted by season at 21:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ごまチョコビスコッティ

ビスコッティとってもすき。ガリガリザクザク。しかも油分ゼロでヘルシーときたもんだ。いや、ヘルシーだからすきなのかな?いや、違うな。味と食感がよいからなのだ。
チョコホリックな身としては、このままでは味気ないので、やっぱりチョコチップを投入。チョコそのまま食べるよりいいよね。少し混ざっているだけで満足もできるし。あと黒ごまいっぱい。ごまもかなりすき!
全粒粉:薄力粉=4:6くらいでつくったけど、もっと増やしてもいいな。全粒。次はオートミールも入れてみよう。
オーブンからいいかおり。これだからチョコはたまんないんだよな!

sesamebis.jpg
posted by season at 21:09| Comment(0) | TrackBack(0) | てづくり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月21日

冬眠から

うららかな1日だった。太陽の光はほんわか暖かく、すべてをやわらかく包んでいた。
どこからともなく、ゲコゲコゲコ。
!!
かえるの鳴き声。長い冬眠から目覚めたのだ。なんだかうきうきとして、わたしも鳴きまね「ゲコゲコゲコ」。するとすぐに、わたしの声に反応して(?)鳴き返してくれる。楽しいなあ。そうしてひとしきりセッションを終えると、彼は春の世界へと旅立っていった。
posted by season at 19:23| Comment(0) | TrackBack(0) | しぜん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月19日

信楽・MIHO MUSIUM

今日はとってもいい天気だった。すこしお出かけ。たぬきの陶器で有名な信楽(日本六古窯・滋賀)へ行った。と言っても作陶をしたわけでもなく、ただドライブ。気持ちよかった!

信楽の山中にたたずむ美術館、MIHO MUSIUMへ。金欠なんで入館はせず、門前で引き返し。貧乏でなさけない。でも、ここって、その場にいるだけでじゅうぶん楽しめてしまう。駐車場からは、電気自動車が発着していて、少し離れた美術館までの道のりは排気ガス0のきれいな空気。もちろん歩くのが一番気持ちいいんだけれど。モダンな建築と信楽の豊かな自然のおりなす空間。とってもすてき。

mihosky.JPG
posted by season at 20:45| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

春の色

冬にはさみしかった庭や山の色に、春の色が差し込んで、すこしずつ華やかになってきた。ピンク。黄色。オレンジ。うす緑。もっと増えろ。もっともっと。

pinkflower.jpg

posted by season at 00:20| Comment(0) | TrackBack(0) | しぜん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月17日

コメント!?

さっきこのブログを開いたら、なんと初コメントがついている!どきどきしながら見てみると、スパムだった…かなりショック。即削除、で、なんだかかなしい。

このブログ、ひとりもくもくと書いています。友達にもいまだ告知しておりません。しようとは思いつつ。偶然にもこのブログをご覧になった方がいらっしゃいましたら、ぜひぜひコメントしていってくださいね。
自然を愛する人、エコな暮らしをしている人、音楽好きな人、旅が好きな人、などなど、いろいろな人たちとつながってみたいものです!
posted by season at 23:26| Comment(2) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

行くぞフジロック?

今年こそはフジロックに行こうと思っている。「こそは」というのは、今まで、行こう行こうと思いつつ、お金や時間の都合で、一度も行けたためしがないからだ。うーん。今年こそ!
行きたいライブは年中たくさんあるけれど、当然ながら都会でばかり。昔から都会は苦手だったけど、最近どんどんそれがひどくなり、最寄の駅(田舎)に行くだけで、頭がふらふらする始末。たくさんの色や光や人を見ると、疲れてしまうのだ。
そんなわけで、山の中でのフジロックはわたしにとって最高の環境だ。今年は、だいすきなバンド、CAKEの出演が決まっている。カントリーちっくなゆる〜いミクスチャーサウンドを聴かせてくれる。楽しみだな。Yonder Mountain String Bandなんかも観たいなあ。今年はきっと海外旅へも行けないだろうし、お金はなんとか工面できそうだ。テント買って。キャンプ道具買って。うふふ。キャンプもいっぱいしようっと。琵琶湖でも。山でも。
すこし、街にも慣れないといけないかなあと考える今日このごろ。
posted by season at 15:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月16日

てんとう虫

やっとこ寒さがやわらいで、春の陽気が戻ってきたみたい。ぽかぽかで、しあわせだ。
ひなたぼっこをしていたら、てんとう虫を発見。草の上をあちこち行ったり来たり。目的地はドコ?目的地なんてないのかな、なんてひとり考えながら、ぼーっとてんとう虫を眺めているわたしは、傍目から見るとけっこう変なやつなのかも。
てんとう虫ってかわいいなあ。色といい、カタチといい。けれど、そんな奴でもおしりからクサイ液をにゅっと出す。うふふ。いいねえ。

tentomushi.jpg
posted by season at 15:04| Comment(0) | TrackBack(0) | しぜん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。