2005年02月16日

今日からブログ

日々のできごと、かんじたこと、考えたこと、旅の記憶、てづくり、 エコについて、農のこと、自然、などなど気のむくままに綴っていきます。
ブログ名は、「沈黙の春」で環境問題に警鐘を鳴らした作家レイチェル・カーソンの著書名より拝借しました。 自然の神秘さや不思議さに目をみはる感性。すてきなことばです。 きっと誰もがこどものころには持っていた宝物。おとなに近づくにつれ、いつのまにかクダラナイものばかりに目を奪われるようになってしまうけれど、こういう感性をこそ、大切にしたいです。
ストーブの上のやかんの音。へびの抜け殻。ふと見上げた空に虹。いい年して雪合戦。焚き火。から出てきたほかほかの芋。裏山のきつねの鳴き声。新緑。ひとり部屋で踊ったり。そんなもんで喜んだり、わらったり、にやにやしたりできる自分って、つくづくしあわせなのかもしれません。

どうぞよろしくお願いします。
posted by season at 13:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。