2005年03月23日

そろそろ開農期

先週末は、家族みんなで苗箱に土入れ作業。わたしは用事があったので、手伝わず、ゴメンナサイ。我が家はいわゆる兼業農家。昔に比べると半減したけれど、田んぼもそこそこやっている。もう少し暖かくなると、籾まき。あー、春がきたんだな、と実感する。よその田んぼにもちらほらとひと気が。

実家とは別に、昨年は個人的に米づくりをした。小さな田んぼ。農薬・肥料は一切やらない、自然農だ。結果は豊作!よいしょ、よいしょと一束づつ手で植えていったあの小さな苗が、黄金色にかがやいて、わたしたちにたわわな実りを与えてくれた、あの感動&喜びといったら!
今年ももちろんやるぞ。でも、今年は実家の田んぼや畑もしっかり手伝おうと思っている。毎年、ろくに手伝いもせず、昨年にいたっては、家の田んぼ放ったらかしで、よその田んぼに夢中、だもんな。よくない。じいちゃんやばあちゃんと同じ汗を流す、素敵なこと!

2004ine.jpg

2004年の稲刈りの図。天日乾燥。all 手植え、手刈り。
ハードワーク but ピースフル!
posted by season at 21:46| Comment(0) | TrackBack(1) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

農的暮らし/Rainmaker/永久デザイン
Excerpt: 農的暮らしへの移行の際に不安になる経済的な側面。 お金で食を買うコストを、現地で自給するという発想もなかなか全国的に生まれているようです。ただ本当にそれが現実的なのかはまだ確証的ではありませんけど、チ..
Weblog: スローライフに移行する先人の知恵と秘密
Tracked: 2005-03-30 20:39
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。