2005年03月24日

悪魔の鍋―「食」のグローバル化が世界を脅かす

悪魔の鍋―「食」のグローバル化が世界を脅かす
ハンス・ウルリッヒ グリム著

global.JPG

わたしたちが日ごろ口にしている食べ物ってなんなんだろう。自然とあまりにもかけはなれた現代の食品産業。この恩恵を受けて、天災や気候による飢餓を長年免れてきたことは否定しようのない事実だけれど、この負の要因によって、わたしたちはまた新たな危機に直面しているのだ。予測のつかない、もしかすると想像以上にでっかい危機に。
食は、わたしたちの命をつなぐもの。体や心をつくるもの。メーカーの宣伝に踊らされず、安さばかりにごまかされず、本当の食をたのしむ姿勢を大切にしたい。
タイトルがとっても強烈で、中身もなるほどの強烈さ。まさに悪魔の鍋…
【関連する記事】
posted by season at 12:07| Comment(0) | TrackBack(1) | 読んだ本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/2574160

この記事へのトラックバック


Excerpt: 鍋鍋(なべ)とは、調理#調理器具|調理器具の一種類で食材に火を通すための物であり、煮る|煮物・茹でる|茹で物・揚げる|揚げ物等の調理法に利用される比較的深さがある道具。英語では平たいものをパン(pan..
Weblog: 『食』の器具!
Tracked: 2007-10-02 08:59
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。