2005年03月28日

愛・地球博【総合編】

26日土曜、開幕2日目の愛知万博へ行ってきた。
テーマは「自然の叡智」、これまで先へ前へ突き進むことばかりを考え、またそれがよしとされてきた世の中だったけれど、ここに来て、すこし立ち止まろうよという潮流はいいものだと思う。もちろん、「?」な点はたくさんあったのだが。

ペットボトル、缶、びん、水筒、お弁当箱は持ち込み禁止。テロ対策のため、仕方ないのだろうか。でも、場内に自動販売機やコンビニがあったりするのは、それで環境に考慮してるつもり?とつっこみたくなる。
会場内で使用されている使い捨て食器類は、植物製の生分解プラスチックで出来ているそう。生ごみと一緒に、堆肥に生まれ変わるそうだ。でも、わたしはやっぱりいくら分解するからと言っても、ポイポイごみを捨てるのには気がひける。簡単にモノを捨てないこと、こういう単純なことをこそ、こういう場で提唱してほしい。分解性プラスチックだって、それをつくるのに膨大なエネルギーが消費されているはずだし。マイ箸、マイコップ持込(中身は空なのでもちろん安全!)が義務づけられた万博なんて素敵…じゃない?

便利さとエコロジーの折り合いを付けるのは、本当に難しい。

expo 047.jpg

かつてこの会場は山だった。「自然の叡智」の万博のために破壊されてしまった。
もう元にはもどらない。人間による創造とは、すべてが破壊なのだ。

expo 130.jpg

ロボットなお姉さんがいらっしゃい。リアルさにぶったまげ…
「自然の叡智」なんて言っても、結局は各社各国の「スバラシイ」技術力のお披露目会となっている印象は否めない。進歩こそが理想であるかのような。
この高度な技術を、自然エネルギーの開発にもっと役立てられないのだろうか。

expo 002.jpg

環境トイレ?メタンガス発電?
と思ったら、どうやら単に流れる水が少ないだけのことだそう。

expo 107.jpg

ソーラーパネル。会場内の電力の何%が太陽電力でまかなわれているんだろう。
ロボットなんかより、ちやほやするべきなのはこちらの技術!

expo 048.jpg

モリゾー&キッコロの木。かわいい…

expo 013.jpg

ファミリーマートも万博仕様。必要か?不必要か?

expo 070.jpg

会場内にはロボットが徘徊しているとの情報だったけど、出会ったのはこいつのみ。
へんてこなモノは大好きだけれど、
わたしにとってはロボットもブリキのおもちゃも同じだあ。

expo 042.jpg

これから暖かくなったら、花が咲き乱れてきれいなんだろうな。
posted by season at 12:26| Comment(0) | TrackBack(2) | 行事ごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

愛・地球博開催
Excerpt: いよいよ本日開幕しました21世紀の日本で最初の万博「愛・地球博」。 メインテーマが『自然の叡智』、サブテーマのひとつに「循環型社会の実現」が掲げられています。 環境に配慮した会場作りから、環境負荷..
Weblog: リサイクルベンチャー社長blog
Tracked: 2005-03-29 01:59

万博会場への飲食物持込禁止は独禁法違反?
Excerpt: 愛・地球博では、弁当どころかペットボトル等の飲み物も一切持ち込みは禁止されているそうです。 会場内禁止行為及び持込禁止物等について http://www.expo2005.or.jp/jp/T..
Weblog: 社長の本音日記
Tracked: 2005-03-29 09:48
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。