2005年04月12日

中国の反日デモに思う

日本大使館に石を投げたり、日本料理店のガラスを割ったり、日本人留学生を殴ったり。
あんなのはデモでなく、暴動だ。

そもそも中国政府って、無許可のデモや集会を禁止しているはず。
けれど、今回のこの騒動は、まさに見て見ぬふり。
自分にとって都合のいいことは黙認で、都合の悪いことは徹底的に弾圧。
腐ってる。

過去のこと、わたしたちは反省をして、日本政府はそれなりの対応を取ってきたと思う。
恨みつづけることもできるけれど、それじゃ前にすすまないよ。

一方では反日思想をあおり、一方で、チベットや台湾その他もろもろの地域の侵略。
ダライ・ラマの態度に学んでほしい。彼は、中国を恨んでいない。
恨みは何も生み出さないってわかっているから。
日本の過去を憎み、罵り、それじゃ、あんたらの今やってることは何?
チベットも、ウイグルも、みんな現在進行形で苦しんでいる。
あまりにも自分勝手な主張に、憤りを感じる。

広がりつづける貧富の差。
市民の不平・不満の矛先を、政府へ向けないために、
「反日思想」が都合よく利用されているように思えてならない。
事実をねじ曲げて、ごまかして、いつまでそんなことを続けるんだろう。
偏った情報や教育の功罪は大きいのだ。

まったく報道はされないけれど、ちょうどいま、ダライ・ラマ法王が来日中だ。
彼はきっと愛や非暴力について語っているだろう。そう、全世界の人間たちに向かって。

わたしたちは、あの忌わしい歴史を再認識し、悲劇は二度と繰りかえさないと誓おう。
posted by season at 13:17| Comment(0) | TrackBack(1) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/2917162

この記事へのトラックバック

無事ですよ
Excerpt: ええと、北京でのデモだけど、日本では結構報道されまくってるよ。ってなことを聞く。
Weblog: bichir
Tracked: 2005-04-12 17:00
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。