2005年04月15日

たいまつ・菜の花・菜種油

何のつながり?

うちの地区のおまつりが、明日明後日と行われる。
町内の広場に、たいまつが、でーんとそびえ立ち、その日を待っている。
先週末に、男衆が一生懸命つくったのだ。うーん、立派。

kitatai.jpg

このあたりでは、たいまつは菜種殻からつくられる。
そのため、町内の至るところに菜種が植えられ、春の今、黄色い菜の花が満開だ。

natane.jpg

昔は各家で、菜種油を自給していたそうな。
けれどかなしいことに今の時代、そんなことをしている家庭はもはやなく、
役にたつのは菜種殻だけなのた。

そこに目をつけた小学校(我が母校)。
数年前から、生徒たちが、町内のおばあちゃんたちと一緒に菜種を収穫し、
種から油を採っているそうだ。
その油は小学校のお祭りで販売され、好評を博しているそうな。

nataneoil.jpg

黄金色にかがやく、菜種100%!
つたない手書きのラベルと再利用のビンが、
いかにもな手作り感をかもし出していて、あたたかな気持ちになる。

こういう取り組みは、本当にすばらしいと思う。
おばあちゃんたちからたくさんの知恵を受け取って、
地域に根ざした、こんな意義のある体験をさせることができるなんて。

こどもたちが摘み取った菜の花は、今、こうして立派にたいまつとなっている!
このたいまつを見学するという授業も組み込まれているそうだ。

菜の花・菜種油・たいまつ。

彼らは何を感じ取ってくれるのかな。
posted by season at 20:56| Comment(0) | TrackBack(0) | しぜん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/2979438

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。