2005年04月18日

おまつり’05

週末はおまつりがあった。
ごくごく一般的なものなんだけど、それでもやっぱりおまつりっていいなと思う。町内のひとたちが集まって、みんなで燃え上がる炎をながめる。オッサンたちのまわりは、ぷんぷんお酒くさくって、これぞおまつり!酔って、酔って、酔って、酔って、踊って、踊って、神に近づくのかな。家々には提灯がともされ、道々には焚き木が。一気に昔々へタイムスリップだ。
ずっとずっと、つづいてきたおまつり。若い人たちの参加がすくなくなって、なんだかかなしい。
父やじいちゃんは、昔、おまつりに出るのがすっごく楽しみだったそうだ。みんなでお酒を飲んで、騒いで、踊って、神輿をかく。
昔ほど、地域の連帯感が濃くなくなったからなのかな。おまつり以外のたのしみが、増えすぎたからなのかな。けれど、やっぱりわたしは、現代においても、地域のつながりは大切なものだと思うし、そのつながりをより濃くしてくれるのがおまつりなんだと思う。
このおまつりが始まって以来、何百年ずっと続いてきたある伝統を、今年、つなぐことができなかったそうだ。すごくかなしいけれど、これが時代の流れなんだという見方もできるけれど、もっとポジティブに昇華させたい。いまある伝統を、流れに沿って、変化させていくこともきっと大事なんだ。そう、女性が天皇になってもいいんじゃないかって、今みんなが思いはじめているように。伝統は貴重なもので、新しいものに呑み込まれてばかりじゃいけない。時代にあわせて、よりよくつくりかえていくことが今、必要なんだと思う。そうでなければ、どんどん伝統が消えていってしまう…
次の世代への架け橋をつないでいきたい。そしてみんな、地域のこと、もっと見直そう。きっとすてきな伝統やおまつりや、絶やしちゃいけないいろんなものがたくさんあるはず!

yomiya3.jpg

yomiya1.jpg

yomiya2.jpg

susi.jpg

おまつりには、ちらしずしをつくって近所や親類におすそわけ。
こうやって改めて見てみると、春らしい色合いがとってもきれい。

matsuri.jpg

こどもたちも、わっしょい、わっしょい。
なんだか自分のこどものころのことを思い出し、ひとりノスタルジー。
posted by season at 21:08| Comment(4) | TrackBack(0) | 行事ごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おおおぉ、いい感じの写真ですね。子どもがいっぱいいてにぎやかそう☆
うちの近くには、こんなに本格的なお祭はないかもなぁ。太鼓を叩いてそれにあわせて踊ってる人がいて、あとの大部分は夜店、みたいな。
でも絶やしてはいけないもの、自分に身近なのは百姓のローカルな技術とか・・はこれから身につけたり学んだりして活用しながら結果的に守っていけるといいなぁと思ってます。
Posted by たぶち at 2005年04月18日 23:52
うんうん、百姓のローカルな技術、ぜったい絶やしちゃいけない大切なものですよね!
これから研修もがんばってきてくださいね。
わたしも地道にいろいろ勉強しようと思います。
Posted by season at 2005年04月20日 22:50
そうそう、記事とは関係なくて申し訳ないのですが、ご案内です。もし興味あれば・・・と思って。
明日の夜に梅田で、食とか農に関心があったり何か取り組んでいる学生・社会人が集まって食事会をするのですが、よければseasonさんもどうですか?
あと、うちのブログのプロフィール欄にも載せてますけど、食と農のメーリングリスト「にょきにょき関西」というのもやっています。もしよければどちらも詳しい案内を送るので、また興味あればメールくださいね。
Posted by たぶち at 2005年04月23日 14:02
どもども、すてきなお誘いありがとうございます!
さっきメールも送らせていただいたんですけど、
ちょっと参加はできなくて、せっかくなのにごめんなさい。
にょきにょき関西、興味あります〜
なまえがかわいい…
Posted by season at 2005年04月23日 21:43
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。