2005年04月26日

自然体で生きよう

いつからか、ほぼノーメイクで生きている。出かけるときに眉を書いてみるくらい。いや、昔はわたしだって、女子らしくばっちしメイクで生きていたのだ。きっかけは何だったのか、今ではよく覚えていないけれど、とにかく今は、自然な美しさをもっている人になりたいと思う。もともと肌は弱いし、貧乏だし、めんどくさがりだから、今の状態はまさに極楽。髪ももう、3年半くらい、カラーリングともパーマとも無縁。目指すは黒髪ロング!
わたしの場合、メイクをやめてから肌の調子はよくなった。今ではあんな暑苦しいファンデーションをぬったり、不自然な色を顔にのせたりすることに、とっても抵抗を感じる。
それに何より、多くの化粧品は、残酷な動物実験を経て生産されているという事実に愕然としたのだ。何も知らなかった自分自身にも愕然とした。動物たちの犠牲の上に成り立った美しさ。こんなエゴってある?わたしは、そんな美しさはいらない。
きらびやかなイメージに包まれた、世の化粧品たち。イメージばかりにおどらされないで、本質をみきわめよう。自然派を謳っていても成分は石油だったり、なんてことも。それはわたしたちの肌や体によくないだけでなく、水に流れ出たその先は?
posted by season at 21:05| Comment(0) | TrackBack(0) | ナチュラル・ケア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。