2005年05月13日

ツバメの子・誕生

ひさしぶりのぽかぽか快晴。ふとツバメの巣の下を通ったら、たまごのカラが!
産まれたんだ。ちからいっぱい、カラを押し破って、ツバメのこどもが産まれたんだ。
やったぁ!うれしさに跳びはねながら、ばあちゃんにも報告を。
まだ鳴き声は聞こえないけれど、お父さんとお母さんが入れ替わりエサを運んでくる。
なんともほほえましい光景で、顔がほころぶ。どうか元気に育ってね。

孵化したたまごのカラは、親鳥が外へ捨てにいくんだけど、
そのうちひとつは巣の下へ落としていくそうだ。(これが今日見つけたやつ)
こどもが産まれたよって、つばめからの合図なのかなぁ。
なんだかふしぎ。でも、だとすればとってもうれしいのだ。

tamago.jpg

ちいさなたまご。いのちを育むちいさなカプセル。
手のひらにのせてみる。なんだかじんわり泣けてきた。
posted by season at 19:42| Comment(0) | TrackBack(0) | しぜん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/3613551

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。