2005年05月27日

田植え【家の田んぼ】

先週の土曜に、田植えをした。午前中は家の田んぼ、午後からはよその田んぼと、二部構成だ。まずは家の田んぼレポート。
ここの田んぼをやろうって決めたのが、田植えの直前ごろだったので、準備が行き届いていないことも多々あったけど、今年はまあいいのだ。様子見ということで。
春の時点で、土はすでにトラクターで耕されていた。すこしでも不耕起に近づけるため、代かきはせず。(実は、代かきの役割もよくわかっていない)水を張ってしばらく放置。やった!土はくにゃくにゃ。けれど地面がでこぼこなので、コツコツ手でならすことに。なかなかうまくいかないし、体は疲れるしで、もうへとへと。なさけないなぁと落ち込みつつも、なんとかできたところでようやく田植え。
昨年の田んぼは手植えだったけれど、今年は、家にあった手押しの2条田植え機を使ってみることにした。あー、なんて楽ちん!5畝くらいの田んぼなら、あっという間に植わってしまうんだもの。それでも機械を扱えないわたしは、足をとられて、方向をとられて、てんやわんやの大騒動。結局気付けばほとんどを、じいちゃんに植えてもらっていたという。
苗は、家の田植えであまった苗箱を使わせてもらった。ここらの地域でも、田植えのピークはやっぱりゴールデンウィーク。稚苗じゃなく、大きく育った苗を植えたかったので、わたしの田植えはこの時期になった。本当は6月に入ってからの方がよかったんだけれど。家でつくった苗箱は、田植えの時期にあわせてあるから、あまり遅くなりすぎるのもよくない、とのことだったので。
来年はちゃんと、苗代をつくって、手植えでやろう!今年は、気楽にたのしもっと。

kita1.jpg

やっぱりじいちゃんはプロだな。

kita2.jpg

見えにくいけど、田植え完了!奥の方にうつっているのはばあちゃんで、
角っこの段差(わたしでは行き届いていなかったらしい)をならしてくれている。
まるで魔法の手!
あんなに難儀だったのに、ばあちゃんが触るとささっときれいになってしまう。
昔の人ってすごい。かっこいい。

kita3.jpg

大きくなーれ。
posted by season at 13:18| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。