2005年06月29日

おはぎづくり

いきなりどしゃばしゃ雨が降ってきて、びっくりうれしい。
カエルもなんだかうれしそう。

昨日は、ばあちゃんのおはぎづくりを手伝った。
うちの町内では、毎月28日の大日さん(大日如来)の縁日に、
お寺におはぎをお供えすることになっている。
今回はうちに当番がまわってきたので、せっせと大量のおはぎづくり。
ふだん、あまりおはぎってつくらないし、その上、わたしは大のおはぎずきなので、
もう、うれしくってたまらない。
もち米をついて、丸めて、あんをつける。
ぽってりすてきなシルエット。うーん。そそられますな。
お供えをして、ご近所にくばって、それでもお皿に山盛り。
家の仏さまにもお供えを。
人間が食べる前に、仏さまや神さまにお供えをする。
ばあちゃんたちが当たり前のようにやっていること。
昔はそれが、しんきくさくて、めんどくさくて、いやだったけれど、
今ではとてもすてきな、大切な習慣だと思うようになった。
ばあちゃんたちの行動からは、心に感じるものがたくさんあるのだ。
仏さまからそっとお皿を下げて、おさがりをいただいた。
おいしい。やわらかくて、やさしい味だ。

ohagi1.jpg

山盛り。

ohagi2.jpg

なんだかやたら躍動感あるおはぎづくりの図。

おはぎに限らず、和菓子がだいすきだ。
とくにおもちは、あれば生きていける、とまで思うほど。
市販のおもちや大福は、涙が出るほど甘いので、やっぱりてづくりに限るのかな。
でもわたし、和菓子ってつくったことがない。
毎春、よもぎもちをつくるぞ!と張り切っても、気付けば春を過ぎ。
来年こそは。おまんじゅうもつくりたい。
posted by season at 12:59| Comment(2) | TrackBack(0) | てづくり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おはぎいいなぁ。毎日でも食べたいです。和菓子は大好きだけども市販のは甘くて困る、いっしょいっしょ。でもあれには傷まないようにっていう理由もあるらしいわ。なかなか難しいなぁ。
Posted by たぶち at 2005年07月03日 20:20
和菓子好き、いっしょやー!
砂糖は防腐と、固くなるのを防ぐ役割かな。
にしても甘すぎる。でも食べてしまう。つくるしかないね。
Posted by season at 2005年07月04日 19:05
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。