2005年08月08日

すてきなアクトたち

思い出的に、フジロック話はまだまだ続くのだ。自己満足なのでお許しを。
観たアクト、ひとこと感想文。(記念にね)

・bobin and the mantra@ヘブン
ボビンのうたごえ、こころにじんわり染みこんだ。とってもあたたかかった。ありがとう。

・ポカスカジャン・バンバンバザール@アヴァロン
とおりすがりにちょい見、つい引きこまれて、気付けばさいごまで。おもしろすぎ。

・Cake@グリーン
"Frank Sinatra"のイントロが聴こえた瞬間、泣いたろかと思った。こんな日がくるなんて夢みたい。チープで、ぐだぐだで、なのに、どうしてあんなにかっこいいの。ジョンの風貌、あのぼろギター。来てくれてありがとう、Cake。

・TOKYO NO.1 SOUL SET@ヘブン
なんだかなつかしくって、約1曲。すこししか聴けなかったけど、かっこいいわ。

・Lisa Loeb@オレンジ
かわいい!顔も格好も声も曲も。雨は降っていたけれど、心地よくて、おもわず地べたで寝ちゃった。けれど横からヘブンのソウルセットの音もれ、ひどい。

・the beautiful girls@ヘブン
きもちよくて、ゆらゆら。けれど決してゆるくて心地いいだけの音楽ではなく。すてきな野太さに、ますますほれたよ。

・PE'Z@ヘブン
ちょっとだけ。

・クレイジーケンバンド@オレンジ
疲れていたので、実はあんまりちゃんと聴いていなかったけど、あの楽しさは、ばっちりわたしのところまで伝わってきたよ。ケンさん、セクシー。あんなおとながいっぱいなら、世界はどんなにか楽しいだろう!

・ROVO@ヘブン
ヘブンの夜の雰囲気酔い。しょっぱなからとばしておどりまくっていたら、案の定つかれてしまい、挫折。というか、やっぱり夜は弱いので、テントに帰って早寝、早寝。いいの。たのしかったもん。

・Eddi Reader@グリーン
すこしだけだけど。空気に溶けこんでいきそうな歌声、とってもすてきだった。

・Copa Salvo@ヘブン
たのしくて、朝っぱらからおどりだおれ。ピアニカがあんなにすてきな楽器だなんて。

・Leyona@オレンジ
きもちいい空気。あったかな空気。いいなあ。かわいいし。

・Dachambo@ヘブン
大雨をものともせず。むしろ、あの雨があったからこそ、場は一層盛り上がったような。土砂降りの中、笑顔でおどりまくるみんなの図は、とってもすてきだったなあ。どろんこも勲章。

・CHRIS MURRAY COMBO@ヘブン
かなりたのしみだったクリス。雨だってなんだっていいよ。すてきな時間だった。はしゃいで、おどって、わらって、たのしかったよ。ありがとう。

・Asian Dub Foundation@グリーン
泥沼の中、みんな気付けばおどり狂ってた、そんなかんじ。あんな音聴いたらば、自然にからだが動き出しちゃうよなあ。そして全身で感じるべき、強くて鋭いメッセージ。

・My Morning Jacket@ヘブン
日の暮れかかったヘブンのステージで。土のような、波のような、宇宙のようなサウンドが、あの空間にひろがって、もう、なんていいきもち。

・Yonder Mountain String Band@アヴァロン
3日目のヘブンのステージがまちきれず、つい足が。たのしい!もう、翌日が待ち遠しくってたまらなくなったよ。ブルーグラスなジャムバンド。

・Ryan Adams & The Cardinals@ヘブン
さすがに夜の大雨は寒くって、雷にへこみつつ、途中でテントへ戻った。ライアンのすてきな声を聴きながら。実はその後、惨劇が繰り広げられていたようで。帰ってよかった、りして。

・SPECIAL OTHERS@ヘブン
あったかなグルーブが会場をつつみこんで、なんてきもちのいい朝!人柄がにじみ出たMCもほほえましくって、すてきだったな。

・bonobos@ヘブン
青空の下、ふわふわとした、しあわせな空気が場を満たしていた。メンバーも、お客さんも、みんなとってもたのしそう。あんな空気にふれれば、誰だってきっと笑顔になっちゃうよ。"THANK YOU FOR THE MUSIC"、あれからずっと、気付けば口ずさんでいるわたし。

・THE BEAUTIFUL LOSERS@アヴァロン
なんだかいい空気だったなあ。笑顔がさいこう。ずるいよ、あの白いずぼん。すごくすごくすきになっちゃった。かっこいい〜

・The John Butler Trio@ヘブン
ヘブンにすごい人。人気がうかがえるなあ。いや、ほんまかっこいい。ソウルフルで、アーシーで。ちょっと疲れていたので、シートにすわってまったり観ていたのだけれど、気付けば立ち上がって踊ってしまっていたのだ。

・Yonder Mountain String Band@ヘブン
ヨンダーその2。さいこう!もうたのしくって、とにかくおどって、おどって、おどって。ベストアクト!

・Soulive@ヘブン
うぎゃあ、かっちょいい!CDを聴く限り、クールで都会的なイメージを抱いていたのだ。ところがどっこい、とってもソウルのある音で!腰がとまらん!おどらせてもらったなあ。

・Los Lobos@オレンジ
しぶくて、たのしい。あんなかっこいいおっさんになりたい。Souliveとかぶっていたので、すこししか観られなかったのが残念。

・PRIMAL SCREAM@グリーン
感想を書くまでもなく、実は完璧に寝ていたわたし。記憶にあるのは、スクリーンに映ったボビーの黒いシャツのみ。

おまけ。そのほか、観たかったアクト。
・The Pogues ・The California Guiter Trio ・GANG OF FOUR ・Beck ・THE PEACE IN LOVE PERCUSSIONS ・The Beach Boys ・The Mars Volta

夜はやっぱり、むり。たのしくっても、からだがもたん。朝8時くらいから開演してほしいなあ。トリは20時くらいで。朝の空気はきもちいいもん。なんて健全なんだろうな。こんな希望、わたしのみか。
posted by season at 22:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。