2005年09月04日

はやくも稲刈りのころ

ぷらぷらとあたりを見わたせば、はやくも稲刈りがはじまっている田んぼの多いこと。
まだまだ残暑は続くのに、いつのまにやらそんな時期、か。

sagi.jpg

稲刈り後の田んぼには、白さぎがわんさか。今年のお米はおいしいかな?

taore.jpg

なんだか今年は、稲が倒れてしまっている田んぼが多い気がする。どうしてだろう。いまのところ滋賀には台風も来ていない。化成・有機を問わず、肥料をやりすぎると、稲は栄養過多になり、結果倒れてしまうそう。なんでもほどほどがいちばん。やればやるほど実りがよくなる、なんて単純な話ではないのだ。けれどそれでも、つい欲のままに肥料をまきすぎて、稲を倒してしまう農家さん、少なくないようだ。倒れてしまうと、コンバインを入れられなくなり、手刈りを余儀なくされる。広い田んぼで、これはかなりの重労働。今年の夏は暑かったし、このあたりではよく雨が降ったので、稲の生育がよかったのかもしれない。それがこんな結果になってしまうなんて、なんだか皮肉。

さて、うちの田んぼの稲刈りは、9月の末くらいになりそうだ。

posted by season at 20:16| Comment(0) | TrackBack(0) | しぜん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/6556854

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。