2005年10月28日

給食のはなし

小学校で、ごくたまーに給食をいただくことがある。つくづく、ごはんと牛乳という、あの魔の組み合わせに驚愕する。幼心に、なんでお茶じゃないねん、合わへんわ、なんて感じていたけれど、大人になった今、改めて食してみて、あまりのひどさに泣きたくなった。あれって味覚形成にぜったいよくないはず。こどもたちの手前、何でももりもり食べなくちゃいけないので、表面上は笑顔で牛乳を飲んでいるわけだけど。
先日、驚くべきことを知った。わたしがこどもだったころ、給食を残すことは断じて許されなかった。いくら嫌いなものでも、食べるのがおそくても、ぜったいに先生は残させてくれなかったし、はやく全部食べなさい、と怒られもした。みんなが昼休みに遊びに出て行く中、ひどいときはその後の掃除の時間まで、半べそをかきながらお箸を口に運んだものだ。それでもどうしても食べられなかったときにだけ、5時間目の始まる前に残飯として給食室へ運ぶことが許されたのだ。「ごめんなさい」の言葉とともに。
ところが今は、食べられないものは残してもいいことになっているらしい(他の学校の事情はわからないけれど)。昼休みのチャイムが鳴ったら、食べ終わった子も、お皿にまだいっぱい残っている子も、同時に食器を返却する。
それを聞いて本当にびっくりした。そんなんでいいの!?と言いたくなった。誰かが育てて、給食のおばちゃんが一生懸命つくってくれた給食。好き嫌いの多かったわたしは、掃除の時間、いつもひとり教室のすみっこで、ほこりの舞い散る中をじっと机の上の大嫌いなメニューに向かいあっているのが苦痛だったけれど、ある意味仕方ないよな、と思っていた。だって残したらおばちゃんに悪いもん。なんとなく、それはわかっていたから。無理やりに食べさせることで好き嫌いが直るとは思わない。むしろ余計にひどくなることだってあるかもしれない。みんなそれぞれ胃袋の大きさもちがうだろう。けれど、それでも、そんなに簡単に食べ物を捨てさせる方針が、他でもない学校でとられていることに、ただただ驚いた。なんだかかなしくなってしまった。学校は、給食の場は、食べ物を大切にすることをまず一番に教えるべきだと思うんだけど、違うんだろうか。食育、か。
posted by season at 12:13| Comment(0) | TrackBack(1) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/8684144

この記事へのトラックバック

えいよう学くん 料理編集機能付
Excerpt: えいよう学くん 料理編集機能付 プロジェクタを使った食育授業の教材として使える子供の食育のためのソフト。食べたものを画面のイラストから選ぶだけで「元気な体を作るには?」「きちんとご飯を食べてい..
Weblog: 食育
Tracked: 2005-11-01 12:54
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。