2005年11月21日

秋の京都

富山からやって来た友だちと、紅葉を見た。
いや、実は紅葉を見るつもりでなく、滋賀の湖西の方へ遊びにいくつもりだったのだけど、
道を間違えたり、渋滞に巻き込まれたりしているうちに日が暮れてしまったのだ。
それで、夜でもできる遊びといえば、紅葉のライトアップ。
そんなわけで高台寺へ行ってきた。

nanzenji.jpg

なぜか迷い込んだ南禅寺。
日が暮れはじめ不安が胸をもたげる、
そんな折に道端の紅葉を見て、急きょ予定変更となったわけだ。
秋の京都の日曜日。観光客がたくさん。

koyo2.jpg

koyo3.jpg

渋滞で道が進まず進まず、ようやく到着した高台寺。
京都で紅葉を見るなんていつぶりだろう。
闇にぱあっと紅が浮かんで艶やか。

gyoretu.jpg

境内も人、人、人。
木々の姿はとても美しいし、情緒があってすてきだけれど、
やっぱりこの人ごみには辟易してしまう。

ike.jpg

池にまるで鏡のように移りこむもみじ。
まだ色づきが浅いようで、みどりや黄色の葉っぱが目立つ。

take.jpg

清清しい竹。暗闇にぼうっと浮かび上がるその姿は、まさに幽玄。
かぐや姫のお話が現実のもののように思えてくる。

友だちと分け合ったみたらしだんごをほおばりながら、思ったこと。
秋の京都はやっぱりすてき。
久々に会えた遠くの友だち。たのしかった。
posted by season at 14:31| Comment(0) | TrackBack(0) | しぜん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。