2005年05月20日

レジ袋削減!

なんでも環境省が、スーパーなどでのレジ袋の無料配布を規制する方針を決めたそう。有料化?大賛成!…なのはごく一部の人間なんだろうな。けれど、本当に規制の方向に進めばいいな。すでにそういう国もあるわけだし。
ジュース一本買って袋に入れてもらって、店から出たとたん袋から出して、その袋はゴミ箱へ…なんて人、よく見かける気がする。いらないならいらないって言えばいいのに。レジ袋にもコストはかかっているし、お店の方にとっても不快なはず。そして、何にも使われずに捨てられていくなんて、あまりにもったいなさすぎる。無料の袋だって、無から生まれて無にかえっていくわけじゃない。環境にも、多大なコストがかかっているのだ。
捨てるためだけのものに、誰だってわざわざお金なんか払いたくないはず(もちろんレジ袋を再利用している人もいるけれど、ここでは即捨てちゃう人のはなし)。いらないものはもらわない、袋がいるなら持参する。めんどくさくったって、そんなのしれてる。車やカバンに入れておけばいいだけなんだから。そう、いつ何時も携帯電話をはなさないように。
レジ袋にはちょこちょこっと、「不要な方はお申し出ください」「資源は大切に」なんて書いてあったりもするけれど、そんな細々とした訴えは、かなしいけれどきっと通じないんだろうな。
だからこその、法律規制?「きまり」だったら仕方ないもんね。猛反発がありそうだけど。
むむ?でも、レジ袋を使用しない分のコスト、商品代から差し引いてくれたらいいのにね。(そういうお店もあるけど、それを日本国中徹底化するとか)
それならみんな歓迎じゃない?それでは規制力が弱いのか。
posted by season at 12:48| Comment(0) | TrackBack(1) | エコロジー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月09日

ソーラーパネルフル稼働!

なぜか我が家のトイレの屋根には、ソーラーパネルがくっついている。うちはまったくエコ家族ではないし、でも物心ついたころからこのパネルが利用されているのは知っていた。暑くなってきたからお風呂のお湯わかさんでええな〜とか言って。
そう、これ、発電機なんてものではなく、単なる湯沸かし器。いやいやされど湯沸かし器。パネルの下に水がたまるようになっていて、太陽の熱で中の水が温まるしくみ。そろそろ太陽の日差しも強くなってきて、蛇口をひねれば即あたたかいお湯!燃料いらずで、これも立派なエコロジー?
そんな我が家の感覚は、わかさなくとも風呂OK=夏の訪れ。なのだ。
posted by season at 16:54| Comment(0) | TrackBack(0) | エコロジー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月27日

夏の軽装・クールビズ

どうして夏でもスーツなんだろうね。
見てる方も暑苦しいし、わたしは夏のスーツ着用サラリーマンが嫌いだ。正装?そりゃそうだろうけど、彼らの服装にあわせた冷房温度は、女性には過酷だ。しかもエネルギーの無駄づかい。数年前から、夏場にはノーネクタイ・ノー上着で仕事をしよう、という提案はあるにはあったけど、現実には実行に移している人たちはとっても少ない。社会全体の認識を根底から変えていかないといけないんだろう。
サラリーマンの皆さんも、実際この方が楽だと思うんだけどなぁ。高温多湿な日本で、あんな暑苦しい格好はまさに自虐行為。(言いすぎ?)今までの慣習上、なかなかたやすくは受け入れられないかもしれないけれど、壊してもいい慣習だってあると思うのだ。
で、この省エネビジネススタイル、環境省が行った公募によって「クールビズ」という愛称になったそう。今年は京都議定書も発効されたし、国をあげて、二酸化炭素を削減していかなくちゃいけないのだ。
わたしには、ネクタイをしていなければキチンとしていない、なんてイメージはまったくないし、むしろ環境のことを真剣に考えているようでかっこいい!とも思う。企業さんにも、どんどん推進していただきたいなぁ。

あと、デパートや電車なんかの温度管理もたまらなく不快。夏は寒すぎて指先がきんきんに冷たくなるし、冬は暑すぎてあたまがのぼせるほど。もう、たまらん。どうにかしてほしい!
posted by season at 22:52| Comment(0) | TrackBack(2) | エコロジー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月05日

ビオトープ

福井への道すがら、白鳥をいっぱい発見した!湖北にあるビオトープ。ここでは通るたびにたくさんの野鳥の姿を見ることができるけど、こんなに山盛りの白鳥を見たのははじめてだ。日本中、ビオトープになればいいのに。昔のように、美しい水田や沼地、湿地が各地に復活すれば、野鳥にも、虫にも、魚にも、もちろん人間にもやさしい環境になるんだろうなあ!

bio.jpg
posted by season at 20:32| Comment(0) | TrackBack(0) | エコロジー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月03日

ケチはエコなり

stob.jpg

いきなりだけど、ケチはエコにつながっていると思う。3月とはいえ、まだまだ寒い日がつづく。今夜から、また北の方では雪だって!我が家では、雪が降ろうとも、石油ファンヒーター使用には制限があり、油断するとすぐに石油ストーブに付け替えられてしまう。ファンヒーターは電気と石油の両方が必要だけど、ストーブなら石油だけで動作するからだ。これは別にエコとかそんなものは関係なしに、母親が家計削減のため、日々目を光らせているだけの話だ。そのほかにも、冷蔵庫をぼーっと覗いているとお咎めがあるし、歯磨きの間水道を出しっぱなしにしていた日には罵声が飛ぶ。けれど、こういうことって、エコにつながると思いませんか?お金もかからず、地球にもやさしい。わたしは寒いのが大の苦手なので、ファンヒーターを切られると涙が出そうになるけれど、こたつにもぐりこんで、ストーブの上のやかんの蒸気をながめていると、案外これであたたかいなあ、なんて感じてしまうのだ。
そしてそれ以上に夏、我が家では、ほとんどエアコンは稼動されない。弟たちは夜な夜なエアコンで涼みながら寝床についているようだけど、わたしはエアコンがだいっきらい!母親も電気代を気にして禁断のスイッチと化しているし、扇風機と麦茶に涼む、なんとも古き良き日本の夏を体現しているのだ。エアコンで一時部屋の中は涼んでも、排気口からはあつ〜い空気。ますます温暖化を促進しているようで、すごくいやな気分になるわたし。すいかは汗をかきかき食べるからこそ、うまいのだ!
人間だもの、欲望にいとまはないし、誰だってなるべく快適な暮らしをしたいもの。すべての電源をオフにするのは難しい。けれど、すこしでも、不要なものを省いていく工夫や努力をしていこう。たとえば、夜、テレビを消して、やさしい光のお月様をながめてみよう。世のお母さん方!どんどん家計を削減していきましょう。
posted by season at 16:05| Comment(0) | TrackBack(0) | エコロジー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月17日

京都議定書

昨日、ついに京都議定書が発効された。
CO2吐き出しまくりなアメリカは批准していないけれど。いまや大躍進な中国だって。でも大切な一歩だと思う。
環境問題に興味のない人だって、昨夏の猛暑と台風は平常じゃない、と思ったはず。なにかおかしいんじゃないかって、多くの人がここにきて気付いているはず。大きなことを言われたってピンと来ないし、いきなり実行もむずかしい。だけど、ひとりひとりの小さな一歩は、いつかきっと大きな実を結ぶ。そんでもって、ひとりひとりの心がけが、気持ちのいい世界をつくると思うのだ!自分にできること、さがそうよ。

0よりはるかにおおきな1
posted by season at 14:48| Comment(0) | TrackBack(0) | エコロジー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。